EPOCH TABLE Magazine

2020/4/16

テーブルデザインの第一人者に聞く、食器を楽しむライフスタイル

EPOCH TABLE magazine編集部が注目の人に会いに行く対談企画第二回は、テーブルデザインの第一人者である松尾洋子先生。

編集部:先生、本日はどうぞ宜しくお願いいたします。
松尾先生:はい。どんな風にしたらよいのですか?
編集部:私たちが質問していきますので、先生には食器を楽しむライフスタイルをお教えいただければと考えています。

(撮影:竹之内博子)

_ EPOCH TABLEはどのような皆様にオススメでしょうか? _
ホームページを拝見しました。ファッションのレンタルサイトのようなサービスなのですね。
私は主婦層より、もしかしたら10代や20代の学生さんやOLさんで一人暮らしを楽しんでおられる方にこそ、ニーズがあるのでは?と思っているんですよ。そういった方は必要最低限の食器しか持っていらっしゃらないかも知れませんよね。
このサービスなら、普段自分では選ばないような食器にも挑戦できますし。若い方にも本物の器を楽しんでいただきたいと思います。

_ 基本の食器の並べ方をお教えいただきたいのですが? _
では、初めての方にもわかりやすいように、洋食器の基本の「き」の並べ方をお話しますね。

1:
座る正面にプレート(皿)をテーブルの手前際から指2本のところに置きましょう。
指2本は大体約3cmです。お家では堅苦しく考えず、際から指2本くらい離すという感覚でよいのですよ。

2:
次にカトラリー(ナイフ・フォーク・スプーン)を置いていきましょう。
カトラリーはテーブルの手前際から指3本のところにセットしていきましょう。
この時に考えるのは料理の順番です。
スープをはじめにいただくメニューならば右側からスプーン、次にナイフ、プレートを跨いでフォークを置くのが一般的ですね。
その他、スタイルによってはカトラリーレストにすべてのカトラリーをセットしたりなど応用が色々ありますが、今日は基本の「き」という事で。

3:
グラスを置く場所は、プレートの右側。ナイフやスプーンの上ですね。
よく左側に間違えて置いてしまう方がいらっしゃいますけれど、右側と覚えておくのが正しいです。

4:
パン皿を置く場合はプレートの左側にセットします。

_ 自宅でどのようにテーブルコーディネートを楽しんだら宜しいでしょうか? _
私は生徒達にテーブルデザインは『愛』であるとお教えしています。相手を思いやる心が一番大切ですね。
テーブルコーディネートというと高価な物を並べなくては、と思われる方がいらっしゃるかも知れないですが、高価な物は自分が本当に気に入った食器を1つずつ揃えていくものでしょう。
テーブルコーディネートはある物を工夫して食卓をデザインする事が大切なポイントなのです。

_ 先生が考える、食器を楽しむライフスタイルとは _
好みって皆それぞれ違いますよね。ですから食器を楽しむライフスタイルは、洋服やインテリアと同じように気楽に考えてはいかがですか?
レースやリボンが好きな方がいたり、ナチュラルな物を好む方がいたり…そういったファッションの好みやインテリアの好みを食器選びにも取り入れたら素敵ですよ。
私からのアドバイスとしては、まずは大体3色くらいでテーブルを彩ってみましょうという事。
それと、お花もとても大切です。季節の花々で彩ったり、葉物も濃いグリーンや淡いグリーン、黄緑がかったグリーンなどを組み合わせて、テーブルを自分らしく楽しんで彩ってみてくださいね。

(写真:松尾洋子先生オリジナルハーブティーYoko Matsuo Blend )

_ EPOCH TABLEでは素敵なティーカップも揃えています。ティータイムを楽しむアイディアを教えてください _
ホームページを拝見すると、コーヒーや紅茶などを楽しめる兼用カップがラインナップされているんですね。
コーヒー、紅茶とも香りが良いですし、そういった時間は癒しになりますね。
私のスクールでは生徒さん達とそういった時間も設けていますが、最近はハーブティーが人気で私もオリジナルハーブティーを作り、販売もしています。
とても綺麗な色が出るハーブティーや、ドライフルーツを味わうハーブティーまでオリジナルで作っていますが、お気に入りの器で様々なハーブティーや紅茶、コーヒーなど香りを楽しむティータイムは格別なひと時になりますね。

〈テーブルデザイナー:松尾洋子先生〉

アトリエ・ル レーヴテーブルコーディネートアカデミー校長
一般社団法人日本テーブルデザイナー協会代表理事

デンマーク デュポン校にてデュプロマ取得。国家資格 商品装飾技能士を取得後、独学にてテーブルコーディネート講座カリキュラムを確立 アトリエ・ル レーヴテーブルコーディネートアカデミーを主宰する。
1990年オフィスを設立。
1997年法人化、社名を有限会社ル・レーヴCORPORATIONとする。
現在、食空間コーディネーター、テーブルデザイナー、過去の経験を活かしウエディングプランナーとして後輩の育成や、講演会、講習会活動のほか関係専門企業、ホテル、結婚式場、百貨店、関西地区商工会議所、住宅展示場のコンサルタント・コーディネート・テーブルプランなど活躍中。
日本テーブルデザイナー協会認定本部講師 /食育ライフコーディネーター /日本フードアナリスト協会評議委員 /フードアナリスト協会関西支部長認定講師 /ブライダルコンサルタント

page top