EPOCH TABLE Magazine

2020/9/1

箸置き作りに挑戦!驚くほど簡単に固まるハーバリウムで箸置きを作ってみよう!

昨年あたりからじわじわと人気を集めている「固まるハーバリウム」は、従来のレジンに必要だったライトなどの器具が不要。
24時間で自然硬化させることが可能な今注目のDIYアイテムです!
EPOCH TABLEのカトラリーと一緒にお箸を使用する機会も出てくるかもしれません。
いつものお箸をちょっとドレスアップ!箸置き作りをご紹介いたします。

※必要な場合はピンセットやマスキングテープ ※全てamazonで購入

<準備するもの>

①固まるハーバリウム液
・液性エポキシレジン液A(主材)
・液性エポキシレジン液B(硬化材)
②アクリル型
③ドライorプリザーブドフラワー
④スケール
⑤プラスチックコップ(紙でもOK)
⑥はさみ
⑦割り箸

 

_step1 混ぜる_
主材液と硬化材液を2:1の割合で合わせます。
混ぜ始めは白く濁っていますが、次第に透明になるので、ゆっくりと混ぜてください!
※ハーバリウム液はメーカーによって合わせる割合が異なります。
また、ハードタイプとソフトタイプがあります。
作り方はどれを使っても同じですが、液の扱いについてはそれぞれの取扱説明書をよく確認してください。

 

_step2 花材をセットする_
ハーバリウム液の準備ができましたら、型に花材をセットして、step1の液を流し入れます。
・ワンポイント!シンプルな花材の配置
細かな作業が必要な場合はピンセットを使ってくださいね!
このとき液を入れすぎると溢れてしまい型の外側の液が型に付着してそのまま固まってしまいますので、心配な場合はマスキングテープで保護し、液が固まってからマスキングテープを剥がしてみてください!綺麗に仕上がります!

 

_step3 24時間かけて硬化させる!_
あとは待つだけ!
従来のレジンに必要だったUVLEDライトなど硬化に器具・道具は不要で、レジン液を混ぜ合わせてから24時間で自然硬化します。
固まるまで時間がかかりますので、ホコリ等が入らないよう、工夫してくださいね!

完成!いかがでしたか?本当に簡単なので、お子様とのおうち時間にチャレンジしてみてください。
また、毎日使うお箸用はもちろん、おじいちゃんおばあちゃんやお友達へのプレゼントにもぴったりです!

page top