EPOCH TABLE Magazine

2020/7/1

簡単!手作りフードピック作りにチャレンジ♪

いよいよ、食器のシェアリングサービス“EPOCH TABLE”が始まります。
新しい生活様式が始まった今だからこそ、家族で囲む食卓も少しアレンジを加えてみてはいかがでしょうか?

本日は、マスキングテープやグリッター用紙(又は画用紙)を使った、簡単なフードピック作りをお届けします。

≪ 準備する物 ≫

①ハサミ(又はカッターナイフ)
②竹串
③お気に入りのマスキングテープ
④グリッター用紙(又は画用紙)
⑤両面テープ

 

④のグリッター用紙はキラキラと光る用紙で、ネット通販で様々な色のグリッター用紙が販売されています。欧米のデコレーションでよく用いられるアイテムです。和紙を使用して作った場合は和風のテーブルに。
お好きな色の画用紙で作って食器やテーブルコーディネートと合わせるのもおすすめです。

_マスキングテープでフラッグフードピック作り_

竹串、お気に入りのマスキングテープ、ハサミを使用します。
本日は、もうすぐ来るパリ祭(毎年7月14日にフランス共和国の設立を祝う日)に合わせて、フレンチカラーのマスキングテープでチャレンジしてみます。
まずは、マスキングテープを適当な長さにハサミで切って、竹串に貼り付けます。
長めのフラッグにしたい場合はマスキングテープを長く切ります。
短めのフラッグにしたい場合は短く切ります。
器や食事とのバランスを見ながら、フラッグの形をアレンジしてみるのも楽しいですね。

ピックを刺したいフードに合わせて、竹串の長さをカットして調整するのもポイントです。

_スターフードピック作り_
今回は七夕も近いので、星型のピック作りにグリッター用紙を使ってチャレンジします。

竹串、ハサミ(又はカッターナイフ)、ゴールドのグリッター用紙を使用します。
予め星型の下書きをして、線に沿ってハサミを入れると綺麗に切れます。
1つのピックに2つ星を切り取って、上図のように合わせて両面テープで貼っていきます。
星の大きさは刺したいフードの大きさに合わせて、大きくしたり小さくしたりを考えるのもまた楽しい時間です。

出来上がりです!
こちらも刺したいフードに合わせて竹串をカットし、長さを調節してみてください。

いかがでしょうか?

EPOCH TABLEでは、様々なスタイルのコーディネートが丸ごとご自宅に届きます。
中にはトレンドカラーの食器やあのブランドの食器、ケーキスタンドまで付いて来るセットも!
様々な形のフードピックと合わせて食卓をデコレーションしてみてはいかがでしょう。

page top