EPOCH TABLE Magazine

2020/10/8

Dish Up! ~おうちレストランをもっと手軽に!~
TastyTable × EPOCH TABLE

皆さんはミールキットをご利用になった事はありますか?
レシピと食材一式を自宅に届けてくれる、とても便利なサービスです。
今回のDish Up!では、このミールキットを使って本格的なおうちレストランに挑戦してみました!
「今回ご紹介するのはTastyTable(https://tastytable.jp/)のミールキット。」コンセプトは「おうちをレストランに。」

厳選された食材と調味料、そして「ミシュランガイド」の星や「The Tabelog Award」で賞を獲得しているレストランの一流シェフがTastyTableのためだけに書き下ろした本格レシピが1つのキットになっています。このキットを使えば、「買い物いらず」、「献立いらず」、「食材の余りなし」。そして、まるで自分がシェフになったような気分で、レストランのような料理を作ることができます。

また、このようなプロのテクニックが満載な写真付きの詳しいレシピも食材と一緒に届きますから初めてチャレンジする料理でも安心。
簡単で時短をアピールするミールキットとは違い、TastyTableは高級な食材を使った本格的なシェフの一皿が出来上がりますので、お料理好きな方やプロのテクニックを学びたい方、本格的なおうちレストランを楽しんでみたい方には特にお勧めする、今注目のミールキットです。

そして今回、EPOCH TABLEが体験してみたのは、リストランティーノ ルベロの泥谷 俊介シェフのレシピ「牛リブロースの瞬間藁スモーク&ツナと赤玉ねぎのシラクーサ風カサレッチェ」です。牛リブロースに藁の薫香を纏わせた一品。ご自宅でも簡単にスモークができるよう仕上げられています。香ばしく焼き上げたお肉に、藁の香りをプラスすることで、シンプルなビステッカ(ビーフステーキ)が一つも二つもアップグレード。副菜は赤玉ねぎとツナを使ったシチリア定番のカサレッチェという巻き付いたショートパスタに、ケッパーやパリパリのパン粉がアクセントになった、シンプルながら奥深いパスタです。

この2品を盛りつけるのに選んだコーディネートはこちらのバンケット

黒い幅広のリムのスクエアプレートはお肉の赤を引き立てくれますし、アラベスク柄の位置を意識して盛り付けをすれば、プロの様にお料理が決まります。変形の長角皿は少し深さが付いているので、ショートパスタに丁度良いサイズです。どちらもシックなアラベスク模様が素敵なプレートで、落ち着いた雰囲気のある大人っぽいコーディネートが楽しめます。

そして、届いたミールキットと同封されていたレシピカードを見ながら作ってみたのがこちら!

いかがですか?ミールキットの食材でプロの味を再現出来る事にプラスして、バンケットのコーディネートの器に盛りつければ更にレストラン気分が盛り上がります。

お肉はとても柔らかく、スモークされた薫りが食欲をそそります。カサレッチェはツナとアンチョビでしっかりとした味つけで、最後に振りかけたパリっと炒めたパン粉がとても良いアクセントになっていました。自分で作ろうと思ったら材料を揃えるところから始まって時間も掛かりますし、味つけもプロのひと手間やコツが学べて普段の料理とは文字通り一味違い、作りながらなるほど、と今後の味付けのヒントになるワザも多かったです。

材料は使い切りなのが嬉しいですね。材料を自分で揃えると、このレシピに使った後は何に使えばいいのかしら?と思い悩む事、中途半端に食材が残ってしまう事もがありますが、必要な分量だけ届けてくれるので後片付けもとても楽でした。

今回体験したミールキット以外にもたくさんのメニューの中から選択が可能ですので、メニューを選んでからEPOCH TABLEのコーディネートを選んだり、その逆に使ってみたいコーディネートを先に選んでから器に合うメニューを選ぶのも楽しそうです。

美味しいワインを準備して、クロスを敷いてナプキンも添えれば、ご自宅が週末レストランに!季節に合わせたコーディネートや器選び、自分好みにテーブルを演出できるのがおうちレストランの魅力です。時間を気にせずご家族や友人たちと美味しい食卓を囲む時間を楽しんでみてください。

今回ご紹介したレストランをコンセプトにしたミールキットTastyTableの詳しい情報は、こちらのサイトから。

page top